GM、カナダでの研究開発を強化へ…自動運転車やEV

自動車 ビジネス 企業動向
GMのカナダ・オシャワ工場
GMのカナダ・オシャワ工場 全 1 枚 拡大写真
米国の自動車最大手、GMは6月10日、カナダにおける研究開発を強化すると発表した。

GMは現在、カナダ国内に、エンジニアリングやソフトウェアの研究開発拠点を置いている。今後、数年以内に、これらの研究開発拠点を大幅に拡充。およそ1000名の技術者も採用する。

具体的には、コネクテッドカー、自動運転車、カーシェアリング、EVなどの研究開発を強化していく。

GMはオンタリオ州オシャワに、カナダ本社を置く。総従業員数は9000名以上。シボレー、ビュイック、GMC、キャデラックの4ブランドを販売している。

GMのグローバル商品開発兼グローバル購買・サプライチェーン担当、マーク・ロイス上級副社長は、「カナダにおける研究開発を拡充するのは、カナダが技術革新の能力に優れ豊富な人材がいるからだ」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GMと協力関係にあるEVgoの急速充電ステーション
  • シボレー・シルバラード
  • GMの米国本社
  • アルプスアルパイン
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • メルセデスベンツ EQE 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ