オートエクゼ、スポーツインダクションボックスに新型ロードスター用を設定

自動車 ビジネス 国内マーケット
マツダ ロードスター
マツダ ロードスター 全 3 枚 拡大写真
オートエクゼは、「スポーツインダクションボックス」にマツダ『ロードスター(ND5RC)』用を追加設定し、発売を開始する。

スポーツインダクションボックスは、整流効果を高めるファンネルタイプのFRP製フレームとエンジンからの発熱を遮るアルミ製遮熱板で構成。エアフィルターボックスを活用し、吸入抵抗となる消音レゾネーターとクリーナー吸入側ケース部のみを開放。フレッシュエアをダイレクトにエアフィルターに導くことで吸入効率を改善し、吸気サウンドをスポーティに変化させる。

新製品は、純正エアフィルターを活用するフィルターレス仕様とK&N製フィルターをセットにした2品番を設定。量産マフラーとの併用時の効果に加え、同社製マフラーやインテークサクションキットなどの組み合わせにより、一層のパフォーマンス向上を楽しめる。

価格(税別)はフィルターレス仕様が3万円、フィルターセットが3万7000円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • オートエクゼ バッテリークランプ
  • オートエクゼ カーボンナンバーフレーム
  • マツダ3用チューニングキットAutoExe BP-06
  • マツダ3用ローダウンスプリング
  • メルセデスAMG GLA45 開発車両(スクープ写真)
  • BMW 7シリーズEV(i7)開発車両スクープ写真
  • アウディ Q5 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズクーペ 次期型プロトタイプ。写真は右ハンドル仕様だ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/06/17/277066.html/article/2016/06/17/277065.html/article/2016/06/17/277067.html