5月の自動車タイヤ、販売本数は前年比4%減…GfKジャパン調べ

自動車 ビジネス 国内マーケット
2016年5月の自動車タイヤ販売速報
2016年5月の自動車タイヤ販売速報 全 1 枚 拡大写真
GfKジャパンは、2016年5月の自動車タイヤ販売速報を発表した。同データは、全国のカー用品量販店、ガソリンスタンド、インターネットの販売実績を基に市場規模相当に拡大推計したもの。

夏冬タイヤ商戦に挟まれた5~8月は、出荷・販売共に低水準となる時期。2016年5月のタイヤ販売は夏タイヤへの履き替え需要が北海道などの一部地域において発生したものの、軽自動車やコンパクトカー向けの小型タイヤの販売減を補いきれず、販売本数は前年同月比4%減・販売金額は同6%減、ともに前年割れとなった。

また、195/65/15、205/60/16といったミニバン・セダン向け主要サイズに値ごろ感の強まった低燃費タイヤの構成比が増えたことで、平均価格も同2%減と前年を僅かに下回った。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • レイズエンジニアリング 設計開発部長 伊藤氏(左)、レイズ 代表取締役社長 三根氏(中央)、レイズ 執行役員 第一商品企画部部長 加藤氏(右)
  • 右奥(横山専務)
  • 「洗車の日」イベント(東京オートサロン2020)
  • 純正車高で乗り心地が大幅アップするサスペンション。TEIN『エンデュラ・プロ』登場
  • VW T7 PHEVプロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQS 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ RS3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ