ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

自動車 社会 行政
カメラモニタリングシステムの参考画像
カメラモニタリングシステムの参考画像 全 1 枚 拡大写真
国土交通省は、道路運送車両の保安基準を一部改正しバックミラーに代わる電子ミラーを認可するため「カメラモニタリングシステム」の基準を整備すると発表した。ミラーレス車を解禁する。

自動車局では、自動車の安全基準について国際的な整合を図りながら安全性を向上させるため、順次、拡充・強化を進めている。今回、バックミラー(後写鏡)などに関する国際基準が改正され、バックミラーの代わりに、「カメラモニタリングシステム」を使用することが可能となったため、道路運送車両の保安基準を改正し、これを国内基準として採用する。

この結果、自動車メーカーは、国際基準に適合する電子ミラーなどのカメラモニタリングシステムを備えることで、バックミラーがない自動車を設計・製造することが可能となる。

6月18日に施行した。

また、間接視界基準に係る協定規則の採用に伴って、間接視界に係る協定規則に定める範囲を新たに規定する。これまで、ミラーごとの視界範囲が規定されていたが、保安基準では、いずれかのミラーにより定められた視界範囲が確認できれば良いこととする。日本独自に定めている車両の直前直左基準は、引き続き、規定する。

さらに、歩行者や他の交通との衝突時の衝撃を緩和するため、後写鏡の衝撃緩和試験(動的試験)を規定する。

適用時期は新型車は2019年6月18日、継続生産車が2021年6月18日。

ヤマハ発動機は、前2輪・後1輪の大型スポーツバイク『NIKEN(ナイケン)』を、9月13日より予約…

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  2. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  3. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  4. ポール・ウォーカーが『GRスープラ』をカスタムしたら?…3台限定 トムス×月刊誌Safari
  5. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  6. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  7. ボルボカーズ、内装に本革を使わない…新型EV全車、C40リチャージ から
  8. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  9. 札幌市電初の連結車M101号、引退へ…10月は7-21時に毎日運行、記念乗車券も
  10. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
ランキングをもっと見る