スマート世界販売、15%増…アジア太平洋は5割増 5月

自動車 ビジネス 海外マーケット
スマート 新型フォーツー
スマート 新型フォーツー 全 3 枚 拡大写真
ドイツの高級車、メルセデスベンツ傘下のスマートは、5月の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は1万2822台。前年同月比は15.1%増と、2桁増を維持した。

大幅増を達成したのは、新型『フォーツー』と『フォーフォー』投入の効果による部分が大きい。

とくにスマートは、アジア太平洋地域で人気。5月は、前年同月に対して、50%以上の伸び率を記録した。

スマートは、今春から新型『フォーツー・カブリオ』の販売を開始したばかり。2016年1-5月の世界新車販売は、前年同期比18.7%増の6万0363台だった。

スマートブランドの2015年の世界新車販売は、11万9398台。前年比は32.9%増と大きく伸びている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • スマート EQフォーフォー
  • スマート EQ フォーツー 改良新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • スマート EQ フォーフォー 改良新型(フランクフルトモーターショー2019)
  • スマート EQ フォーツー 改良新型
  • ポルシェ 911ターボ カブリオレ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 三菱 アウトランダー 次期型 予想CG
  • ベントレー ベンテイガ 改良新型(スクープ写真)
  • ダチア サンデロ 次期型 プロトタイプ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/06/23/277358.html/article/2016/06/23/277357.html/article/2016/06/23/277359.html