ロードスター×もみじ饅頭、広島を代表する商品がお土産でコラボ

自動車 ビジネス 国内マーケット
マツダ ロードスター生産100万台記念パッケージ もみじ詰合せ
マツダ ロードスター生産100万台記念パッケージ もみじ詰合せ 全 4 枚 拡大写真
マツダと菓子製造メーカーのにしき堂は、コラボレーション商品「マツダ ロードスター生産100万台記念パッケージ もみじ詰合せ」を6月24日より発売した。

マツダとにしき堂はともに創業以来、広島を拠点に高品質な商品を提供している。新商品は累計生産100万台を達成した「マツダ ロードスター」と、にしき堂の「もみじ饅頭」および「生もみじ」という、両社の代表的な商品を掛け合わせたコラボ企画。新たなお土産品として、多くの人々に広島と両社をより身近に感じてもらえると考え、商品化した。

商品は、歴代の「ロードスター」のデザインをあしらったオリジナルの化粧箱に、にしき堂の「もみじ饅頭(4個)」と「生もみじ(4個)」と特製メッセージカードを同封した詰め合わせ。販売価格は1000円で、2017年3月末まで販売する計画だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ロードスター30周年ミーティング
  • アバルト 124 ラリー の2019年モデル
  • レース前に互いの健闘を祈る豊田社長(左)と丸本社長
  • メディア対抗ロードスター4時間耐久レース
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/06/25/277470.html/article/2016/06/25/277469.html/article/2016/06/25/277472.html