三菱自動車、燃費データ不正で軽自動車販売75%減…5月実績

自動車 ビジネス 企業動向
三菱eKスペースとeKワゴン
三菱eKスペースとeKワゴン 全 2 枚 拡大写真
三菱自動車が発表した2016年5月の生産・国内販売・輸出実績によると、総生産台数は前年同月比25.4%減の6万5104台で、6か月連続のマイナスとなった。

国内生産は同39.8%減の2万4335台で、2か月連続のマイナス。海外生産は同13.1%減の4万0769台で、13か月連続のマイナスとなった。

国内販売は、燃費データ不正問題の影響が大きく、同51.4%減の2766台で3か月連続のマイナス。登録車は『アウトランダーPHEV』や『デリカ D:5』などが落ち込み、同9.1%減の1854台、軽自動車は『eK』シリーズの販売停止により、同75.0%減の912台となった。

シェアは前年同月から0.2ポイントダウンし、1.0%となった。

輸出は同13.0%減の2万1397台と、2か月連続のマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ・シタンツアラー現行
  • iPhoneのCarPlayのほか、Android Autoにも対応する
  • 三菱自動車の米国SUVラインナップ(参考画像)
  • 三菱 RVR 改良新型(「G」サンシャインメタリック)
  • VW ID.4X(左)とID.3(右) のプロトタイプをスクープ
  • ブラバス V250d カスタムカー
  • アウディ RS Q8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/06/29/277662.html/article/2016/06/29/277661.html/article/2016/06/29/277663.html