軽自動車販売、三菱/日産 2か月連続の7割減…6月ブランド別

自動車 ビジネス 国内マーケット
三菱 eKワゴン
三菱 eKワゴン 全 2 枚 拡大写真
全国軽自動車協会連合会が発表した6月の軽自動車ブランド別新車販売台数によると、三菱自動車と日産自動車はともに、2か月連続で7割を超える大幅な減少となった。

燃費不正問題で『デイズ』などの販売を4月20日より停止した日産は前年同月比77.4%減の3728台、『eKワゴン』などの販売を停止した三菱自動車は同75.7%減の1297台だった。

また、国の規定と異なる燃費試験を実施していたことが明らかになったスズキは、同9.3%減の4万3290台。軽自動車全体の販売減少率18.4%を下回る減少にとどまっており、販売への影響は見られない。

1位:ダイハツ 4万9348台(11.0%減)
2位:スズキ 4万3290台(9.3%減)
3位:ホンダ 2万7176台(7.8%減)
4位:日産 3728台(77.4%減)
5位:マツダ 3079台(5.2%減)
6位:スバル 2659台(21.9%減)
7位:トヨタ 2556台(22.0%増)
8位:三菱 1297台(75.7%減)

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダN-BOX
  • マツダ3 新型(SKYACTIV-D 1.8)
  • ホンダCBR250R
  • 参考画像
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/07/04/277871.html/article/2016/07/04/277870.html/article/2016/07/04/277872.html