ヒュンダイのインド販売、9.7%増…主力3車が好調 6月

自動車 ビジネス 海外マーケット
ヒュンダイ クレタ
ヒュンダイ クレタ 全 4 枚 拡大写真
インド乗用車市場において、シェア第2位の韓国ヒュンダイモーター(現代自動車、以下、ヒュンダイ)のインド法人、ヒュンダイモーターインディアリミテッドは7月1日、6月のインド新車販売の結果を公表した。

同社の発表によると、6月の総販売台数(輸出を含む)は、5万5713台。前年同月比は7%増だった。

5万5713台の内訳は、インド国内分が3万9806台。前年実績の3万6300台に対して、9.7%増と、プラスを保つ。また、輸出分は1万5907台。前年同月比は0.9%増と微増ながら、前年実績を上回った。

インド国内販売では、新型コンパクトSUVの『クレタ』をはじめ、『エリートi20』が好調。『グランドi10』も、販売が伸びる。

ヒュンダイの2015年度(2015年4月から2016年3月)インド国内新車販売は、過去最高の48万4324台。前年比は15.1%増となり、2桁増と好調だった。

ヒュンダイモーターインディアリミテッドのRakesh Srivastava営業&マーケティング担当副社長は、「中央政府の公務員に対するボーナスの発表が、販売に良い効果を与えている」と述べている。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 幻の日産「MID4」がついに現実に!? 謎のアルピーヌ開発車両をスクープ
  2. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  3. 【スズキ ワゴンRスマイル 新型試乗】スライドドアだけじゃない、ひと味違う「こだわりワゴン」…島崎七生人
  4. 【あと24時間アンケート】スバル WRX 新型…第一印象おしえて
  5. 21世紀に開業、SLや新幹線もあった…来春に廃止の方向、函館本線流山温泉駅
  6. スバル アウトバック 新型、安全性能テストで最高評価獲得…ユーロNCAP
  7. 車名は「GR S」に!? トヨタ GRヤリス がさらなるパワーアップ、迫力の外観を激写
  8. ロータス『エミーラ』に405馬力スーパーチャージャー、「V6ファーストエディション」を欧州発表
  9. トヨタ ヤリス など、39車種11万台をリコール…事故自動緊急通報装置などに不具合
  10. フォード ブロンコ 新型に高性能な「ラプター」、2022年に登場へ
ランキングをもっと見る