クライスラーの新型ミニバン、パシフィカ …米国で早くもリコール

自動車 ビジネス 海外マーケット
クライスラー パシフィカ
クライスラー パシフィカ 全 3 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)が、米国で発売したばかりの新型ミニバン、クライスラー『パシフィカ』。同車が早くも、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは6月末、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。FCA USから届け出を受けたクライスラー パシフィカに関するリコールの内容を公表している。

今回のリコールは、シートベルトの不具合が原因。同社によると、天井から引き出す2列目および3列目の中央席用のシートベルトの部品が破損する可能性があり、その場合、シートベルトが着用できない恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2017 年モデルのクライスラー パシフィカ。2016年2月下旬から4月末にかけて生産された3518台がリコールに該当する。

クライスラーブランドは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、対策部品に交換するリコール作業を行うとしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー・サミット
  • アルファロメオ・ステルヴィオ
  • 2024年型クライスラーE8
  • クライスラー300Sスポーツアピアランスパッケージ
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/07/13/278366.html/article/2016/07/13/278365.html/article/2016/07/13/278367.html