ボーイング、民間機納入実績が6機マイナスの375機…2016年上半期

航空 企業動向
737 MAX 8初飛行が成功
737 MAX 8初飛行が成功 全 2 枚 拡大写真
ボーイングが発表した2016年上期(1~6月)の納入実績によると、民間航空機部門の納入機数は年々同期より6機マイナスの375機だった。

機種の内訳は、『737』型機が最も多くて前年同期より1機少ない248機だった。『787』型機は4機増の68機で、『777』型機が1機増の51機となった。『767』は4機マイナスの5機、『747』型機が6機マイナスの3機だった。

防衛・宇宙・セキュリティ(BDS)部門の納入実績では、『AH-64アパッチ』の新造が15機、再製造が18機だった。『C-17グローブマスターIII』が4機。『CH-47チヌーク』の新造が10機、再製造が16機だった。

『F-15』型が7機、『F/A-18型』が14機、『P-8』型が9機で、衛星(政府・民間合算)が2機だった。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 東京羽田に待機するANA機(4月30日)
  • 1000機目となるボーイング787の主翼を積み込む「ドリームリフター」
  • ポルシェとボーイングが共同開発する空飛ぶ車のイメージ
  • JAL旅客機コレクション 創刊号
  • ポルシェ 911 GT3ツーリング 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 4シリーズカブリオレ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)

ピックアップ