【ルノー トゥインゴ 新型】大極社長「4本めの柱にしたい」

自動車 ニューモデル 新型車
ルノー トゥインゴ 発表会
ルノー トゥインゴ 発表会 全 6 枚 拡大写真
ルノー・ジャポンは全面改良した『トゥインゴ』を9月15日から販売を開始すると発表した。ルノー・ジャポンの大極司社長は「トゥインゴのような小さい車を日本のお客様は待っていたのではないか。新たな販売の柱にしていきたい」と意欲を示した。

大極社長は「去年のルノーの販売台数は5000台だったが、その内訳は『ルーテシア』と『キャプチャー』、『カングー』の3本柱が、それぞれ1500台ずつ。新型トゥインゴはもうひとつの新たな柱にしたい。同じ様な販売台数に間違いなくしていきたい」と述べた。

というのも「2015年の東京モーターショーにトゥインゴを参考出品したが、相当な手応えがあった。ルーテシアの時もかなり評判は良かったが、それを上回る反応があった。そういう意味では、トゥインゴのような小さい車を日本のお客様は待っていたのではないか、可愛らしい、だけど走るというコンパクトカーを待っていたのではないかと感じている」と大極社長はみているからだ。

さらに「ただ輸入車のAセグメント市場を新型トゥインゴで広げていければ、もっともっと伸ばせると思う。太い柱になる可能性はある」とも話した。

《小松哲也》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • “山椒”のような欧州Aセグメントのクルマたち
  • ルノー・トゥインゴ Z.E.
  • ルノー・トゥインゴ ・シエル
  • ルノー トゥインゴ ブリヤント
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ