「ロボネコヤマト」プロジェクト始動…自動運転を活用した物流サービス

自動車 テクノロジー 安全
ロボネコヤマトプロジェクト
ロボネコヤマトプロジェクト 全 3 枚 拡大写真
DeNAとヤマト運輸は、自動運転を活用した次世代物流サービスの実用実験「ロボネコヤマト」プロジェクトを2017年3月から1年間の予定で実施すると発表した。

「ロボネコヤマト」は、物流領域での自動運転技術の活用を模索していたDeNAと、より利便性が高いサービスを目指すヤマト運輸が協力し、次世代物流サービスの開発プロジェクト。DeNAのIT技術を活用した自動運転関連のサービス設計ノウハウとヤマト運輸の物流ネットワークを組み合わせることで、より利便性が高く、自由な生活スタイルを実現する物流サービスを目指す。

ロボネコヤマトプロジェクトでは、市販車をベースに、後部座席に荷物の保管ボックスを設置した専用車両を使用。希望する時間と場所で荷物を受け取ることができるオンデマンド配送サービスと、インターネット上で購入した複数商店の商品を同サービスにて一括で運ぶ買物代行サービスの実用実験を行う。

実験では、顧客ニーズに応えられているかどうかの検証と、サービス利用における顧客からの細かな要望などの収集を行うほか、実験期間内で、一部自動運転を導入したサービスなどを展開する予定だ。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ヤマトホールディングスが導入する新しい制服
  • 八幡観光バスとヤマト運輸、路線バスによる客貨混載を開始
  • (イメージ)
  • (イメージ)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)
  • スバル BRZ 次期型 予想CG

ピックアップ