【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

自動車 ビジネス 企業動向
ダイハツ タント(2007年)
ダイハツ タント(2007年) 全 2 枚 拡大写真
ダイハツは7月21日、『タント』のバックドアステーに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはダイハツ『タント』1車種で、2007年12月12日から2013年9月9日に製造された79万8550台。

バックドアのガス封入式ステーにおいて、外筒のエンドキャップ部の塗装が不適切なため、沿岸地域の塩分の影響で腐食することがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、腐食が進行し、外筒が膨らみ、エンドキャップが割れ、バックドアを開く際に外筒が破損。最悪の場合、周囲の人が負傷するおそれがある。

ダイハツは20日、2009年製タントのバックドア操作時にステーが破損し、ユーザーが負傷する事故が発生したことを公表。ホームページで当該車種のバックドアを使用しないよう注意を呼びかけており、今回、正式にリコールを届け出た。

改善措置として、全車両、バックドアステーを対策品と交換する。なお、交換部品の準備に時間を要することから、塩害地域と年式の古いものから順次交換する。

不具合は2件発生、負傷事故が1件起きている。市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日野プロフィア(参考画像)
  • 改善箇所
  • スズキ アルト(2015年)
  • ホンダ CRF450L(2018年)
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 5シリーズツーリング 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ダッジ チャージャーSRTヘルキャット ワイドボディ カスタムカー
  • ランボルギーニ エストーケ コンセプト(参考画像)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/07/21/278809.html/article/2016/07/21/278808.html/article/2016/07/21/278810.html