愛知製鋼、減収減益に…販売価格が下落 4-6月期決算

自動車 ビジネス 企業動向
愛知製鋼のホームページ(2016年8月)
愛知製鋼のホームページ(2016年8月) 全 1 枚 拡大写真
愛知製鋼が発表した2016年4~6月期(第1四半期)の連結決算は、経常利益が前年同期比27.6%減の26億2500万円と減益となった。

売上高は同10.5%減の519億6200万円と減収だった。鋼材事業は販売数量と販売価格が下落して減収となった。鍛造品事業は販売価格の下落で減収となった。

営業利益は販売価格の値下がりなどの影響で、同11.9%減の29億4500万円と減益となった。四半期純利益は同14.6%減の18億9000万円と減益だった。

通期業績見通しは前回予想を据え置いた。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動運転の技術実証に使われる営業用車両と同型の「日野ブルーリボンシティ」。
  • 愛知製鋼と先進モビリティの共同出展ブース(イメージ)
  • ANAなど6社による空港制限区域内でレベル3自動運転の実証実験中の小型バス
  • 愛知製鋼と先進モビリティのブースイメージ
  • BMW X2 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV