クライスラーの主力セダン、200 …年内生産終了が決定

自動車 ビジネス 企業動向
クライスラー 200
クライスラー 200 全 3 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA(フィアット クライスラー オートモービルズ)US。同社が、クライスラーブランドの主力セダンの生産終了の時期を、確定させた。

これは7月26日、FCA USが明らかにしたもの。「クライスラー『200』の米国工場での生産を、2016年12月をもって終了する」と発表している。

FCA USは2016年1月、中期経営計画、「2014‐2018ビジネスプラン」の改訂版を発表。この中で同社は、「クライスラー200の生産を、1年半以内に終了する」と公表していた。

今回、クライスラー200の生産終了の時期が、2016年12月に決定。米国市場ではガソリン価格の下落により、顧客の嗜好がSUVやピックアップトラックにシフトしている。今後、大幅な販売増が見込めないため、中小型セダンのクライスラー200の生産を終了する。

FCAは、クライスラー200を生産している米国ミシガン州スターリングハイツ工場を改修する計画。ピックアップトラックの生産拠点に変更し、需要に応えていく。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ジープ・グランドチェロキー・サミット
  • アルファロメオ・ステルヴィオ
  • 2024年型クライスラーE8
  • クライスラー300Sスポーツアピアランスパッケージ
  • ポルシェ 911 GT3 ツーリングパッケージ スクープ写真
  • シボレー ブレイザー ロングバージョン「XL」プロトタイプ(スクープ写真)
  • アウディ Q3 PHEV 市販型プロトタイプ スクープ写真
  • ホンダ フィット 新型に設定されるクロスオーバーSUV仕様の予想CG

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/08/05/279650.html/article/2016/08/05/279649.html/article/2016/08/05/279651.html