マグナ、純利益は3.7%増 第2四半期決算

自動車 ビジネス 企業動向
マグナ・インターナショナル MILAプラス
マグナ・インターナショナル MILAプラス 全 1 枚 拡大写真
カナダに本拠を置く大手自動車部品メーカー、マグナインターナショナルは8月5日、2016年第2四半期(4~6月)の決算を公表した。

同社の発表によると、第2四半期の売上高は、94億4300万ドル(約9635億円)。前年同期の81億3300万ドルに対して、16.1%増加した。

また、第2四半期の純利益は、5億5800万ドル(約569億円)。前年同期の5億3800万ドルに対して、3.7%の増益を達成している。

同社は自動車メーカーから、一部車両の生産を受託している。第2四半期は、北米と欧州での受託生産が、それぞれ2%、6%増加。売上高も前年同期に対して、7%増えた。

マグナインターナショナルのドン・ウォーカーCEOは、「売上高やEBITなどの面において、第2四半期の新記録を達成した。自動車の未来に向けて、競争的地位を強化する技術革新に、引き続き注力していく」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マグナの「コンポジットスペースフレーム」の製造過程
  • トヨタ・スープラ 新型の米国仕様
  • マグナの次世代シートシステムのイメージ
  • 新型BMW Z4 の量産第一号車がラインオフしたマグナシュタイヤーのオーストリア・グラーツ工場
  • MINI 改良新型プロトタイプ スクープ写真
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ