【MINI クーパーD 試乗】頭からぐいんぐいん前へ切り込んでいく…岩貞るみこ

試乗記 輸入車
MINI クーパーD 3ドア
MINI クーパーD 3ドア 全 12 枚 拡大写真
愛らしい顔立ちとスタイル、着せ替え人形的なわくわく感をまとったミニ。けれど、その外観に惑わされるなかれ、中身は硬派なミニである。

なんたって足が硬い。荒れた路面を走ろうものなら、お腹に力を入れないと内臓がシェイクされそうな勢いである。でも不思議。それでいて、コーナーにくると、ひたっと吸い付くようなしなやかさを見せる。あの上下動を繰り出すサスペンションのどこに、この余裕のしなりがあるのか。異なる性質の道を走るたびに、ちがう顔を見せて、本当にミニにはふりまわされる。そこがいいのだけれど。

そんなミニにディーゼルが追加された。試乗したのは3気筒の1.5リットル+ツインターボである。4気筒ディーゼルに比べると音質が異なり、エンジン音が大きく感じる。けれど、同じタイプのガソリンエンジンに比べ、カタログ燃費が1リットルあたり5km以上いいのは、かなり購買意欲がくすぐられるというものである。

トルクのある走りは、このさまざまに表情を変えるミニの走りにはうまくバランスしている。とくにホイールベースが短くて、コーナー手前でハンドルをきったとたん、頭からぐいんぐいん前へ切り込んでいく3ドアは、ディーゼルエンジンのトルクで背中を押されるようで、なおさらキレのいいコーナリングをみせてくれる。場面によって、くるくると表情を変えるミニ。さらに磨きがかかってきた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★
インテリア/居住性:★★★
パワーソース:★★★★
フットワーク:★★★★
オススメ度:★★★★

岩貞るみこ|モータージャーナリスト/作家
イタリア在住経験があり、グローバルなユーザー視点から行政に対し積極的に発言を行っている。主にコンパクトカーを中心に取材するほか、最近は ノンフィクション作家として子供たちに命の尊さを伝える活動を行っている。レスポンスでは、アラフィー女性ユーザー視点でのインプレを執筆。

《岩貞るみこ》

ピックアップ