【ペブルビーチ 16】アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート に「ヴォランテ」…今度はオープン

自動車 ニューモデル モーターショー
アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ
アストンマーティン ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ 全 6 枚 拡大写真
英国の高級スポーツカー、アストンマーティンは8月19日、米国で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」において、『ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテ』を初公開した。

同車は6月下旬、99台限定で生産されることが決まった『ヴァンキッシュ ザガート クーペ』のオープン版。伝統の「ヴォランテ」の名前を冠したオープンモデルも、99台限定で生産される。

ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテはクーペ同様、50年にも及ぶアストンマーティンとザガートのコラボレーションから誕生したモデル。アストンマーティンのスポーツ性、ダイナミズム、素材クオリティへのこだわりとザガート特有のデザイン言語を融合。『One-77』由来のドアミラー、『DB11』の空力プロフィールの流れを汲む彫刻的なリアエンドなど、アストンマーティンの最新デザイン要素を導入。ロアボディ全域に装着されたカーボンファイバー製シルにより、フロントからリアまで特徴的なラインが描き出され、そこから4本のエキゾーストが見える。

内装には、アストンマーティン一流のクラフトマンシップの伝統を余すところなく表現。ヘリンボーンカーボンファイバー、アルマイト処理されたブロンズ、アニリンレザーを組み合わせてダッシュボードを製作。ベントやロータリースイッチには、豪華な素材クオリティを明確化。シートやドアには、ユニークなZパターンキルトがあしらわれ、ザガートのイニシャルである「Z」が、ヘッドレストにはエンボス加工で、センターコンソールにはステッチで施された。

パワートレインは、クーペと同じ自然吸気の6.0リットルV型12気筒ガソリンエンジン。最大出力は600psを引き出し、0‐96km/h加速は3.7秒の性能を持つ。これは、クーペの3.5秒に対して、0.2秒落ちとなる。なお、ヴァンキッシュ ザガート ヴォランテは2017年、納車を開始する予定。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ペブルビーチ2002に展示された1927年型ロールスロイス。
  • マクラーレン GT のMSO
  • ロールスロイス・ブラックバッジのペブルビーチ2019コレクション。左から、ゴースト、ドーン、レイス。
  • ブガッティ・チェントディエチ
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ホンダ シビックタイプR 次期型予想CG
  • Lynk & Co 01 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X8 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV