【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

自動車 ニューモデル モーターショー
シトロエン Cエクスペリエンス コンセプト
シトロエン Cエクスペリエンス コンセプト 全 7 枚 拡大写真
フランスの自動車大手、シトロエンは8月29日、フランスで9月29日に開幕するパリモーターショー16において、『Cエクスペリエンス コンセプト』を初公開すると発表した。

 >おすすめコンテンツ:レクサス杯観戦記

車名の『Cエクスペリエンス』とは、「CX」と「エクスペリエンス」の造語。シトロエンの最上級車として、1974~1989年の15年間生産されたシトロエン『CX』同様、シトロエンの新たなフラッグシップ車を示唆したのが、Cエクスペリエンス コンセプトとなる。

Cエクスペリエンスのボディサイズは、全長4850mm、全幅2000mm、全高1370mm、ホイールベース3000mmの堂々の大きさ。「Be Different, Feel Good」を掲げ、他の高級セダンにはないデザインや、シトロエンならではの乗り心地に代表される快適性を追求した。

パワートレインは、プラグインハイブリッド(PHV)。ガソリンエンジンは、最大出力150‐200psを発生。モーターは、最大出力109psを引き出す。エンジンとモーターを合わせたシステム全体では、250‐300psのパワーを獲得する。

トランスミッションは、電気式の8速AT。エンジンとモーターの間に配置する。コンパクトな二次電池は、蓄電容量が3kWhで、床下にレイアウト。EVモードでは、最大60kmのゼロエミッション走行を可能にしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラツーリングスポーツ(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ・ハッチバック(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター・コンセプト(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ マカン 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • アルピナ B8グランクーペ 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Gクラス 4x4 スクエアード 後継モデルプロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ