ホンダ CRF450R、チタン薄板を燃料タンクに採用---世界初

モーターサイクル 新型車
ホンダ CRF450R
ホンダ CRF450R 全 2 枚 拡大写真
新日鉄住金は、同社のチタン薄板がホンダのモトクロッサー『CRF450R』の燃料タンク素材として採用されたと発表した。ホンダによると、量産二輪車の燃料タンク本体にチタン材が採用されるのは世界初という。

新日鉄住金は、本田技術研究所との連携により、プレス成形性・溶接性・異方性等の加工上の課題に対する技術提案を行った結果、新日鉄住金製純チタンJIS1種材(TP270C)の優れた性質が認められ、今回の燃料タンク本体への採用となった。

モトクロッサーの燃料タンクは、これまで樹脂素材が主流だった。今回ホンダが採用したチタンは、軽く、強く、耐食性に優れた素材で、燃料タンクの軽量化に寄与している。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • アウディ e-tron スクーター(フランクフルトモーターショー2019)
  • カワサキ Ninja H2 SX SE+
  • 二輪市場活性化プロジェクト「HondaGO」
  • 石川県から来たという池下さんご家族は新型R1250を試す
  • BMW R nineT /5
  • イメージ
  • 普段使いしやすい容量、スピード着脱、二人乗りを実現した「ターポリンシングルサイドバッグ」
  • 「二輪デザイン公開講座」に31名の学生が参加。バイク・デザインの基礎を学んだ。

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/08/31/280974.html/article/2016/08/31/280973.html/article/2016/08/31/280975.html