ダイハツ 松下専務、「軽市場は全く悲観していない」

自動車 ビジネス 国内マーケット
ダイハツ工業の松下専務
ダイハツ工業の松下専務 全 2 枚 拡大写真
ダイハツ工業の松下範至専務執行役員は、9月7日に都内で開いた新型車の発表会見で、低迷している軽自動車市場について「軽の良さを訴求していけば必ず活性化できる」と述べ、今後の市場動向に楽観的な見方を示した。

軽市場は2015年1月から20か月連続でマイナスが続いている。その要因について松下専務は「14年の消費税増と15年の軽自動車増税による負担増が影響している」と指摘。一方で「7、8月は 前年の90%くらいに戻ってきた」と、底打ちへの手応えも表明した。

すでにダイハツの販売は7月に9.6%増、8月には2.8%増と、この2か月はプラスに転じている。同社は新製品を切れ目なく投入しており、松下専務も「より次のステージでの軽自動車の良さを訴求している」と強調する。そのうえで「こうした活動をしていけば、必ず市場は活性化できる。全く悲観していない」と語った。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ
  • タフトに採用された電動パーキングブレーキ機構付きドラムブレーキ
  • ダイハツ・タント
  • ダイハツ谷本敦彦氏×夏野剛選考委員長「MaaSアワード大賞」受賞記念対談
  • VW ゴルフR 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW 3シリーズ のEV版、市販型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ランドローバー ディスカバリー 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ