JR北海道、釧網線で流氷観光列車を運転へ

鉄道 エンタメ・イベント
『流氷物語号』で使われる車両のイメージ。オホーツク海をイメージした青や流氷をイメージした白で装飾される。
『流氷物語号』で使われる車両のイメージ。オホーツク海をイメージした青や流氷をイメージした白で装飾される。 全 3 枚 拡大写真
JR北海道は9月15日、オホーツク海で流氷が見られる時期に、釧網本線で観光列車『流氷物語号』を運転すると発表した。

釧網本線は東釧路(北海道釧路市)~網走(網走市)間166.2kmを結ぶ鉄道路線。このうち知床斜里(斜里町)~網走間の37.3kmはオホーツク海沿いに線路が敷かれており、流氷を見ることができる。流氷観光の季節には、ディーゼル機関車がトロッコ車と客車をけん引する観光列車『流氷ノロッコ号』が運転されていたが、今年2月の運行で終了。車両を気動車に変更して観光列車の運転を継続することが検討されていた。

発表によると、『流氷物語号』の運転区間は『流氷ノロッコ号』と同じ知床斜里~網走間。「『オホーツクブルー』車両」と「『白』車両」を使って運転される。いずれも普通列車用の気動車の車体に装飾を施す。

「『オホーツクブルー』車両」はオホーツク海をイメージした青をベースとし、流氷をイメージした白で知床連山やエゾスカシユリを描く。「『白』車両」は白をベースに、流氷とクリオネを青で描く。

運転期間や時刻などは、10月下旬に発表される予定だ。

《草町義和》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. BMW 5シリーズ 次期型デザインを大予想!発売はまだまだ先?
  2. マツダ、RX-8とアテンザ 1万2000台を追加リコール…燃料漏れ
  3. 【トヨタ カローラクロス】購入者の9割がハイブリッドを選んだ!? その魅力を写真で見る[詳細画像]
  4. 【トヨタ カローラクロス 新型試乗】まさにカローラ、期待通りまとめられている…渡辺敏史
  5. ポール・ウォーカーが『GRスープラ』をカスタムしたら?…3台限定 トムス×月刊誌Safari
  6. 精悍さ際立つブラック仕様、ランドローバー ディフェンダー に日本限定モデル
  7. ホンダ、3列シートの小型SUV『BR-V』新型を発表…インドネシア
  8. 日産 スカイライン のインフィニティ版、『Q50』の最強グレードは405馬力
  9. 2022北米トラックオブザイヤー、トヨタと日産の新型が通過…第2次選考6車種
  10. SHOEI、定番のフルフェイスヘルメットにグラフィック追加へ
ランキングをもっと見る