【福祉機器展16】日産、新型 セレナ ベースの福祉車両など9台を出展[事前]

自動車 ビジネス 国内マーケット
セレナ 助手席スライドアップシート
セレナ 助手席スライドアップシート 全 1 枚 拡大写真
日産自動車とオーテックジャパンは、10月12日から14日までの3日間、東京ビッグサイトで開催される「H.C.R..2016(第43回国際福祉機器展)」に、ライフケアビークル(LV)など9台を出展する。

日産自動車グループでは、福祉車両を「ライフケアビークル」(LV:Life Care Vehicles)と呼び、個人ユースから施設での利用まで対応する、幅広いラインアップを取り揃えている。

今回は、来春発売予定の参考出品車「新型セレナ チェアキャブ スロープタイプ」を含む4台の新型セレナと、軽ワゴン車をベースとした車いす仕様車「NV100クリッパー リオ チェアキャブ 」、公共交通の一つとして活躍中の「NV200バネット ユニバーサルタクシー」など、計9台を出展する。

またブースでは、同一車線自動運転技術「プロパイロット」をはじめ、車いすの背もたれや車内の状況、天候などで見難くなりがちなルームミラーをいつでもクリアに視界確保する「スマート・ルームミラー」など、日産の先進安全装備も紹介する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 三豊市(父母ケ浜)
  • ペルモビールの電動車いす「F5VS」
  • H.C.R. 2019 ホンダブース 国枝慎吾選手・まるも亜希子氏トークショー
  • ジェイテクトの自立推進歩行器「J-Walkerテクテック」
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/09/16/281960.html/article/2016/09/16/281959.html/article/2016/09/16/281962.html