日産、キャラバンが支える「日本の職人」の神業を紹介[動画]

自動車 ビジネス 国内マーケット
プロジェクトムービー「The Professional of Japan」
プロジェクトムービー「The Professional of Japan」 全 14 枚 拡大写真
日産自動車は、プロフェッショナル仕様のビジネスバン『NV350キャラバン』が支える“日本の職人”の神業を集めたプロジェクトムービーを9月15日に公開した。

動画では、左官用の土を見事な連携プレイでキャッチする左官職人の神業や、巧みな運転技術で荷台に乗せた丸太を積み下ろす原木荷降ろし職人、また、動きが綺麗にシンクロする窓ふき職人など、合計11組の職人技を収録。日々の仕事によって磨きあげられた、目を見張るような“神業”が集まったムービーとなっている。

2020年の東京五輪に向け、活気づく建築業界だが、人材不足が深刻な問題となっている。建設就業者の約34%は55歳以上で、29歳以下は約11%と、高齢化が進行し、次世代への技能継承に苦戦している。そこで職人の多くが利用するビジネスバン キャラバンを販売する日産は、日本の職人たちへエールを送るべく、卓越した“職人技”をプロジェクトムービーとして公開した。

日産では、日本の現場を支えるプロフェッショナルを「CARAVANIST」と称し、スペシャルサイト「CARAVANIST BASE」を通して職人の神業がいかにして生まれるのかなど、CARAVANISTの価値を日本中に伝えていく。


《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/09/17/281984.html/article/2016/09/17/281983.html/article/2016/09/17/281985.html