FCA、全世界で190万台リコール…エアバッグ機能せず死者3名

自動車 テクノロジー 安全
ジープ・パトリオット2012年モデル
ジープ・パトリオット2012年モデル 全 2 枚 拡大写真
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は9月15日、北米を中心に全世界でおよそ190万台のリコール(回収・無償修理)を行うと発表した。

今回のリコールは、安全装備の不具合が原因。同社によると、ある一定の条件下での衝突事故において、エアバッグやシートベルトプリテンショナーが、本来の機能を発揮しないおそれがあるという。

リコールの対象となるのは、2011‐2014年モデルのクライスラー『200』、2010‐2014年モデルのジープ『パトリオット』、『コンパス』など6車種。

米国ではおよそ140万台、カナダでは14万2959台、メキシコでは8万1901台、その他の世界市場では28万4051台、全世界で合計およそ190万9000台がリコールに該当する。

なお同社は、「この不具合に起因した可能性のある事故で、3名の死者と5名の負傷者を確認している」とコメント。FCA USは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、順次リコール作業を行うとしている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • リアル キッズ アートキャンペーン
  • ジープ・グランドチェロキー
  • ジープBIKINI Editionの2台
  • FCAジャパン代表取締役社長兼CEOのポンタス・へグストロム氏
  • BMW 4シリーズクーペ スクープ写真
  • レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green
  • ポルシェ パナメーラ 高性能モデルの開発車両(スクープ写真)
  • ブリリアンス V9 プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/09/20/282053.html/article/2016/09/19/282052.html/article/2016/09/20/282054.html