【パリモーターショー16】スマート フォーツー EV新型、「ブラバス」設定

自動車 ニューモデル モーターショー
新型スマート フォーツー・エレクトリックドライブのブラバス
新型スマート フォーツー・エレクトリックドライブのブラバス 全 6 枚 拡大写真
ドイツの高級車、メルセデスベンツ傘下のスマートは9月29日(日本時間9月29日夕方)、フランスで開幕するパリモーターショー16において、新型『フォーツー・エレクトリックドライブ』の「ブラバス」仕様を初公開する。

ブラバス(BRABUS)は、メルセデスベンツのトップチューナーとして知られる存在。メルセデスベンツは2003年、ブラバスとの協力により、初代スマートのブラバス仕様を発表。2007年に登場した2代目スマート『フォーツー』にも、ブラバスが設定された。

また、最新の新型フォーツーおよびフォーフォーのガソリンエンジン搭載車にも、ブラバスをラインナップ。今度はEV版のエレクトリックドライブにも、ブラバス仕様が用意される。

新型フォーツー・エレクトリックドライブのブラバスは、テーラーメイド・インディビジュアリゼーション・プログラムとして、オプション設定。ブラバスらしく内外装をスポーティに仕立てるアイテムがそろう。

パワートレインに変更はない。車体のリアに搭載されるモーターは、最大出力81hp、最大トルク16.3kgmを発生。最高速はリミッターによって130km/hに制限される。0-100km/h加速は、12.7秒の性能を備えている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV