【パリモーターショー16】フェラーリ 488 にシューマッハ仕様…F1での活躍に敬意

自動車 ニューモデル モーターショー
フェラーリ 488 GTB のシューマッハ仕様
フェラーリ 488 GTB のシューマッハ仕様 全 2 枚 拡大写真
イタリアのフェラーリは9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、『488 GTB』の「ミハエル・シューマッハ」仕様を初公開した。

フェラーリは2017年、創業70周年を迎える。これを記念した特別企画のひとつが、カスタマイズの「テイラーメイド」の経験を活かして、数々の象徴的な歴代モデルに敬意を表した 70種類のカラーリングをデザインすること。

パリモーターショー16のフェラーリブースでは、70種類のうち、数例をディスプレイ。そのうちの1台が、488 GTBのミハエル・シューマッハ仕様。かつて、フェラーリのF1で活躍したミハエル・シューマッハ氏に、敬意を示す1台となる。

この488 GTBのボディカラーは、フェラーリ、そしてフェラーリF1を象徴するレッド。ルーフには、ホワイトのストライプが添えられた。フロントリップスポイラーやサイドスカートなどにも、アクセントを施す。

インテリアは、タンカラーのレザーシートを装備。ステアリングホイールのパドルシフトをはじめ、空調吹き出し口の一部は、イエローで仕上られている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ