【パリモーターショー16】ジャガー XF にワゴン、「スポーツブレーク」設定へ…2017年

自動車 ニューモデル モーターショー
新型ジャガーXFスポーツブレークの開発車両
新型ジャガーXFスポーツブレークの開発車両 全 1 枚 拡大写真
英国の高級車メーカー、ジャガーカーズは9月29日、フランスで開幕したパリモーターショー16において、ジャガー『XF』に2017年、「スポーツブレーク」を設定すると発表した。

同車は、ジャガーのミドルクラスサルーン、XFに追加されるステーションワゴン。『XFスポーツブレーク』は、先代のXFに用意されていた(日本市場には未導入)。現行XFにも、スポーツブレークが再び、投入される。

ジャガーは現在、英国の路上などで、新型XFスポーツブレークの開発テストに取り組む。同社は、車体に擬装を施した開発プロトタイプ車両の画像を公開。開発テストが、順調に進んでいることをアピールしている。

なお、新型XFスポーツブレークでは、全モデルに4WDシステムや先進のトラクション技術を搭載する予定。あらゆる市場、天候にも完璧に適合できることを目指す。

ジャガー・ランドローバーのアンディ・ゴス グローバル営業ディレクターは、「ドライバーがどのような状況下でも、自信を持ってハンドルを握れるよう、全車に4WDシステムやトラクション技術を備える。ジャガーが提供する価値を、今まで以上に高めていきたい」と述べている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トヨタ・カローラ・ハッチバック(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター・コンセプト(パリモーターショー2018)
  • トヨタ・カローラ(パリモーターショー2018)
  • ポルシェ911スピードスター(パリモーターショー2018)
  • スバル BRZ 改良新型 プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス LC コンバーチブル 市販モデル(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQB 開発車両 スクープ写真
  • アウディ e-tronスポーツバック 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/09/30/282762.html/article/2016/09/30/282761.html/article/2016/09/30/282763.html