JR東日本、鎌倉駅をリニューアル…案内表示も訪日客対応に

鉄道 企業動向
鎌倉駅舎内のリニューアルイメージ。来春までに完成する予定だ。
鎌倉駅舎内のリニューアルイメージ。来春までに完成する予定だ。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本横浜支社はこのほど、鎌倉駅のリニューアルを行うと発表した。駅舎の内装や案内表示などを改良する。

発表によると、「武家文化を歴史的背景にもつ鎌倉らしい『質実剛健・素朴さ』」をコンセプトに、駅舎の内装と照明設備を改良する。高知駅(高知市)や旭川駅(北海道旭川市)などをデザインした建築家の内藤廣さんからアドバイスをもらったという。最終的な完成時期は2017年春の予定だ。

案内表示は、訪日外国人旅行客にも分かりやすいものに改良する。設置場所を増やすとともに、英語・中国語・韓国語併記の充実や、観光名所や観光案内所を示すピクトサインの強調を行う。

このほか、10月1日に観光案内所を東口改札外みどりの窓口の隣へ移設した。「場所が分かりにくい」という意見が多かったことを受け、移設したという。同時に外貨両替機や海外カード専用ATMも設置した。

一方、駅ビル「エキスト鎌倉」は10月1日から改装工事に入った。2017年春の完成まで全面休業する。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。

ピックアップ

Response.TV