【ITS世界会議16】アイシン3社、ドライバー異常時対応システムを実車デモで紹介[事前]

自動車 テクノロジー 安全
メルボルン市 (c) Getty Images
メルボルン市 (c) Getty Images 全 1 枚 拡大写真
アイシングループ3社(アイシン精機、アイシンAW、アドヴィックス)は、10月10日から14日まで豪州で開催される「第23回ITS世界会議メルボルン2016」に出展する。

今回は「夢を叶える未来のモビリティライフ」をコンセプトに、「社会とあなたをつなぐ」「乗る喜びを感じる」「あなたを見守る」の3つのうれしさを実現する製品や技術を紹介する。

屋外デモンストレーションでは、アイシングループが自動運転向けに開発している「ドライバー異常時対応システム」を実車デモで紹介する。同システムでは、ドライバーの運転不能状態を検知し、車両を路肩に退避させることができるほか、ボタン操作でシステムが起動し、車線情報・工事情報などから安全な場所を検索して車両を停車させることができる。また、狭い場所に駐車した車両をスマートフォンでユーザーの前まで無人で移動できる「リモコン駐車」を披露する。

また展示ブースでは、4種類の形態に変形させることで多用な用途に対応する1人乗りの電動モビリティ「ILY-A」の展示を行う。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ITS世界会議シンガポール2019
  • パイオニアは3D-LIDARでITS世界会議2019に参加。車両は自動運転のソフトウェアを開発するベンチャー企業「Moovita」とシンガポールの公共機関「SMRT」と協業した
  • ITS世界会議2019に出展したゼンリンのコーナー
  • シンガポールで開催されたITS世界会議2019に出展したインクリメントPのコーナー
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV