【ホンダ×ヤマハ発提携】ヤマハの ジョグ、ビーノ、ギア がホンダからのOEMに

モーターサイクル 企業動向
スクーター・ビジネスモデルで2社提携を発表するホンダ青山二輪事業本部長とヤマハ渡部克明MC事業本部長
スクーター・ビジネスモデルで2社提携を発表するホンダ青山二輪事業本部長とヤマハ渡部克明MC事業本部長 全 7 枚 拡大写真
ホンダとヤマハは5日、都内のホテルで共同会見を行った。両者は国内に限定した排気量50cc以下の原付一種で協業を検討する。2017年3月に正式契約し、2018年中の販売を目標にする。

ホンダは排気量50ccの『TACT』(タクト)、『Giorno』(ジョルノ)をベースにしたモデルを、ヤマハにOEM供給(他社ブランド供給)する。同社は『JOG』(ジョグ)、『Vino』(ビーノ)として販売する。

さらに、ホンダのビジネススクーター『BENRY』(ベンリィ)をベースにしたモデルをヤマハに供給。ヤマハは『GEAR』(ギア)として、新たな環境規制が導入されるタイミングで販売する予定。また、この次期モデルについてもホンダが供給することを前提に検討を続ける。

2社の提携についてホンダの取締役執行役員・青山真二二輪事業本部長は「近距離向け移動手段の多様化が起こり、市場は縮小している。排出ガス規制の強化、保安基準音強化が予想され、厳しい環境下にある」と、提携に理由を語った。

また、ヤマハの取締役常務執行役員・渡部克明MC事業本部長は「個社で、規制に対応するのは非常に難しさを感じていた。このまま事業を継続するにはどうすればいいかということで、ホンダさんとの提携を選択した」と語った。

《中島みなみ》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • カワサキ Ninja650
  • ヤマハ YPJ-MT Pro に試乗する青木タカオ氏
  • ロードエイドネットワーク清水豊 代表理事。
  • ホンダ CBR600RR 新型
  • MVアグスタ・スーペルヴェローチェ(東京モーターサイクルショー2019)
  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」

ピックアップ

Response.TV