JR東日本『四季島』、10両フル編成の試運転始まる

鉄道 企業動向
10両フル編成になった『四季島』専用車両のE001形。10月13日は武蔵野線や中央本線で試運転を実施した。
10両フル編成になった『四季島』専用車両のE001形。10月13日は武蔵野線や中央本線で試運転を実施した。 全 2 枚 拡大写真
JR東日本の豪華寝台列車(クルーズトレイン)『TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)』の専用車両として計画された「E001」形が、このほど10両全て完成した。10月13日は、10両編成による試運転が武蔵野線や中央本線で行われた。

E001形は、「EDC方式」を採用した『四季島』専用車両。電化区間では架線から供給される電気でモーターを回し、非電化区間では車両に搭載したディーゼル発電機でモーターに電気を供給する。

10両編成1本のみ計画され、1~4号車と8~10号車の計7両を川崎重工業が製作。5~7号車の計3両は総合車両製作所(J-TREC)が製作した。JR東日本は先に完成した川崎重工製の7両による試運転を9月から開始。10月に入ってからはJ-TREC製の3両を加えた10両編成の試運転を行っている。

E001形は今後もJR東日本の各線で試運転が行われる見込み。2017年5月の営業運転開始に向け準備が進められる。

《草町義和》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 南側の新駅外観イメージ。
  • 都営三田線の車両としては三代目となる6500形。6300形より角ばった前面形状で、ユニバーサルデザインを採り入れた「人に優しい車両」となる。編成両数は6300形より2両多くなり、1本あたりの輸送力を増強。
  • 奥羽本線での運行を最後に引退した583系の見学ができるJR東日本秋田総合車両センターのオンライン見学会。秋田総合車両センターには先頭車のクハネ583-17が在籍している。
  • キハ40系が五能線へ投入されたのは1977年のことで、耐寒耐雪タイプの500番台が運用されている。
  • 小田原へ里帰りすることになった元小田原市内線の150形151号。大正生まれの貴重な路面電車だ。
  • 新快速(同型車)
  • JR九州版N700Sのエクステリアイメージ。裾部にJR九州のコーポレートカラーを使ったラインを入れて引き締めている。
  • 新冠~静内間を行くキハ160形気動車。日高本線用として1997年6月から運行を開始したが、ハイブリッド動力の試験に供与された後、2013年に廃車となった。2000年4月30日。

ピックアップ

Response.TV