GM、最新燃料電池車を初公開…米軍でテストへ

エコカー EV
シボレー コロラド ZH2
シボレー コロラド ZH2 全 5 枚 拡大写真
米国の自動車最大手、GMは10月3日、ワシントンで開催された合衆国陸軍協会(AUSA)の年次総会において、最新の燃料電池デモ車両、シボレー『コロラドZH2』を初公開した。

同車は、シボレーブランドの中型ピックアップトラック、『コロラド』をベースにした燃料電池車。2017年、米国の陸軍に配備され、過酷な条件下でテストされる。

コロラドZH2の契約から完成までに要した時間は、およそ10か月。ZH2は、「GM Hydrotec」のエンブレムを装着した初めての燃料電池車として登場した。Ecotecガソリンエンジンの系統を汲む1台となる。

すでにGMは、いくつかの燃料電池実証プログラムを実施。現行の燃料電池システムで、310万マイル以上の実走行データを蓄積している。

GMのグローバル燃料電池事業部門、チャーリー・フリーズ エグゼクティブディレクターは、「GMは燃料電池車の市販を目指しつつ、軍事、航空宇宙、およびその他の分野においても、燃料電池システムの幅広い可能性を見出している」と語っている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • GMと協力関係にあるEVgoの急速充電ステーション
  • シボレー・シルバラード
  • GMの米国本社
  • アルプスアルパイン
  • BMW iX5(仮)プロトタイプのスクープ写真
  • メルセデスAMG C53 開発車両(スクープ写真)
  • ランドローバー レンジローバー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ