ワイン・ガードナーを送検...栃木県警茂木署

自動車 社会 社会
13日、ホンダコレクションホールを訪れたワイン・ガードナー(中央)とレミー・ガードナー (c) Getty Images
13日、ホンダコレクションホールを訪れたワイン・ガードナー(中央)とレミー・ガードナー (c) Getty Images 全 2 枚 拡大写真
栃木県警茂木署は17日、暴行容疑で元世界GPライダーのワイン・ガードナーを被疑者否認のまま送検した。

被害者は東京都在住の49才の男性2人と、同19才の男性1人。ツインリンクもてぎ(栃木県茂木町桧山)内の路上を走行中に、被疑者の運転する車両と接触。話し合いの最中に、3人の胸ぐらをガードナーがつかんだとされる。3人にけがはなかった。

被疑者が逃亡や罪証を隠滅するおそれがあるときは逮捕の必要があり、オーストラリア国籍でモナコ在住のガードナーは、それに該当したとみられる。17日現在も勾留中。

《中島みなみ》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV