【SEECAT 16】ダイバーが使う水中ナビゲーションシステムも登場

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ダイバー用ナビゲーションシステム「アルテミス・プロ」。
ダイバー用ナビゲーションシステム「アルテミス・プロ」。 全 7 枚 拡大写真
「事件や事故を水際で防ぐ」といった表現も使われているが、最近のテロ対策では「川や海からの侵入をいかにして防ぐか」というのも課題になっている。船舶を使った警備・警戒はもちろん、ダイバーも投入することになるが、今年のSEECATではダイバー用ナビゲーションも出品されていた。

イギリスのブループリント(Blueprint)が販売している「アルテミス・プロ」という商品で、水中でも現在地や目的地の把握ができるようになっている。

GPSの電波は水中まで届かないので、GPSレシーバーの付いたフロートを水面まで上げ、ナビ本体に有線接続することで水中でも位置情報の把握を可能とした。また、ジャイロセンサーとコンパスを内蔵しており、姿勢や方位の測定も行えるほか、ソナーも備えているので視界が悪い場所でも使うことができる。

民生向けの「アルテミス」は1台の価格が約100万円だったが、「アルテミス・プロ」は軍隊や警察等の法執行機関向けで、1台の価格は約1800万円だという。

《石田真一》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 所要時間情報の提供例
  • アウディ e-tron シリーズの「ルートプランナー」のイメージ
  • 新宿駅東西自由通路
  • 映える黒、美しい描写力は映像も地図も最大限に引き立たせる『ストラーダ F1X Premium10』
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3M 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV