パナソニック津賀社長、EV用の2次電池「赤字となっても頑張る覚悟でやる」

自動車 ビジネス 企業動向
パナソニックの津賀一宏社長
パナソニックの津賀一宏社長 全 1 枚 拡大写真
パナソニックの津賀一宏社長は10月31日、2016年度第2四半期連結決算の会見でEV用の2次電池について、赤字になっても続けていく考えを示した。

同社は蓄電池を含む2時電池事業の今期業績見通しを、営業黒字の予想から一転、赤字予想に変更した。その理由についての質問が飛び、津賀社長はこう答えた。

「EV(電気自動車)関連の先行投資がテスラ社と共同で進めているギガファクトリーなどで非常に大きくかさんでいる。日本の工場もEV時代に変えていく必要があり、さまざまな活動を同時に行っている。通期で赤字の見通しを出したが、これはほとんどEVの加速対策です。それくらいEVに対する要請があり、テスラ社だけでなくほかのメーカーからも期待を寄せてもらっているので、赤字となっても頑張る覚悟でやろうとしている」

このようにパナソニックは車載電池事業について、石にかじりついても続けていく方針だ。次世代のビジネスの柱を育てるには、新しい領域へ向けた積極的な戦略投資が必要だと考えているからだ。そして、日産自動車の車載電池について、津賀社長は「大いなる関心を寄せているが、それ以上は答えられない」と述べた。

また、テスラ社とのソーラーパネル事業について、津賀社長は「検討をスタートした段階で、明確に決まったことではない」としたうえで、「ソーラーについては、過去に十分な投資をしたという認識なので、これから大きな投資をするつもりはない」と話し、既存の施設の活用とノウハウや技術などで協力していく考えを示した。

いずれにしても、パナソニックの車載を含めた電池事業はまだまだ思う通りには行っていない様子で、収益の柱に育てるには苦労をしそうだ。

《山田清志》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • IoT電動アシスト自転車
  • アンチグレアタイプの車載ディスプレイ用反射防止フィルムを製品化
  • トヨタ・プリウス
  • 利用予定車両
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV