VW新潟中央、リニューアル…新コーポレートデザイン採用 11月4日に移転

自動車 ビジネス 国内マーケット
フォルクスワーゲン新潟中央
フォルクスワーゲン新潟中央 全 1 枚 拡大写真
フォルクスワーゲン グループ ジャパン(VGJ)と正規販売店契約を結ぶ新潟トヨタ自動車は、既設の「フォルクスワーゲン新潟桜木」を移転し、名称を「フォルクスワーゲン新潟中央」と改め、11月4日から営業を開始する。

新店舗は、旧店舗から約2km北西に移動し、新潟市内を東西に結ぶ県道1号線沿いの東出来島に位置している。店舗周辺には県庁、総合病院など公共施設やショッピングセンターなどが数多くあり、多数の来店が期待できる。

今回の移転を機に、同店舗はフォルクスワーゲンが全世界で展開しているコーポレート デザイン「モジュラー コンセプト」に基づいた店舗にリニューアル。特徴的なホワイトフレームに囲われたショールームには、6台のフォルクスワーゲンの展示が可能。また、最大16台展示できる認定中古車コーナーと整備車両受付ベイを備えた専用のサービス施設も併設し、新車から中古車、アフターサービスまでの幅広い提案が可能な店舗となっている。

フォルクスワーゲン新潟中央では、11月5日・6日の2日間、オープンフェアを開催する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • フォルクスワーゲン Tクロス
  • フォルクスワーゲン・パサート改良新型
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真
  • フォードモーターの世界本社
  • BMW X3 改良新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ Sクラス 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3セダン 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW T7 市販型プロトタイプ(左)と現行モデルのT6(右)を捉えたスクープ写真

ピックアップ