エア・バルティック、リガ=オデッサ線を開設 2017年3月26日から

航空 企業動向
ボーイング737-300 source: airBaltic
ボーイング737-300 source: airBaltic 全 4 枚 拡大写真
ラトビアの航空会社、エア・バルティックは2017年3月26日から、リガとウクライナ南部のオデッサを結ぶ直行便の運航を開始する。

最大週4往復で運航されるリガ=オデッサ線の開設により、バルト諸国からの旅行客は夏休みに黒海沿岸のリゾート地へ行くことができる。一方、オデッサの住民は、リガを経由して欧州、スカンジナビア半島、ロシアに行く選択肢を持つことになる。

フライトスケジュールは次の通り。410便はリガを23時35分に出発し、オデッサに翌日2時5分に到着。411便はオデッサを3時45分に出発し、リガに6時20分に到着。所要時間は2時間30分。運航機材はボーイング「737」、もしくはボンバルディア「Q400」。

《日下部みずき》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • メルセデスベンツ EQS SUV(仮)スクープ写真
  • 日産 エクルグランド 次期型 予想CG
  • マクラーレンの新型ハイブリッド・スーパーカー(スクープ写真)
  • ポルシェ マカンEV 開発車両(スクープ写真)
  • BMW i4M プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW X3 M40i 改良新型プロトタイプ(写真右)。左はX4のプロトタイプ
  • ポルシェ 911 GT3 RS 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • VW ID.4 クーペ版プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV