ボーズ「パフォーマンスシリーズ」をスカイラインに提供…国産車初

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
ボーズ パフォーマンスシリーズ
ボーズ パフォーマンスシリーズ 全 2 枚 拡大写真
ボーズは、車載向けサウンドシステムの新ライン「ボーズ パフォーマンスシリーズ」が、日産『スカイライン』2017年モデルに採用されたと発表した。

パフォーマンスシリーズは、高性能モデルへの搭載を前提に開発した新プロダクトライン。車内全席でバランスのとれたサウンドが聴けるように音響設計を施し、臨場感あふれる音響空間を実現する。パフォーマンスシリーズのサウンドシステムを搭載するのは、日本では2017年モデルのスカイラインが初めてとなる。

今回のスカイライン向けパフォーマンスシリーズでは、日産自動車と車両設計の初期段階から共同開発。16個のスピーカーを搭載したハイエンドサウンドシステムをつくりあげた。また、ビジュアルデザインも、スカイラインの洗練されたインテリアとの融和を図り、スタイリッシュなポリッシュ仕上げのメタルグリルをフロントドアとミラーパッチのスピーカーに採用。薄く軽いメタルグリルは、音の伝播効率も高め、優れた音響性能にも寄与する。

左右ミラーパッチには、新開発の2.5cm高性能ネオジウムツイーターを搭載。高音域の音質を向上させるとともに、明瞭なサウンドイメージの再現を可能とした。また、リアドアには同ツイーターと13cmワイドレンジスピーカーを組み合わせたスカイライン専用同軸スピーカーを採用。後席にも明瞭な高音域と音の広がりを提供する。さらに低音再生には、フロントドア左右とリアデッキ中央に25.5cmのNdウーファーを採用し、前席と後席に独立したベースソースを確保。振動や音のひずみを軽減しながらも、全席でパワフルかつバランスのとれた自然な低音域を再現する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • サウンド体験コーナーに置かれた新型ジューク
  • ボーズサウンドを搭載した新型『Mazda3』
  • Bose Aware Signal Steering Technology 体験の様子。景色とフロントウィンドーに表示されるマークは、液晶画面で再現
  • ボーズ・サウンドシステム
  • メルセデスAMG S63e プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M3ツーリング プロトタイプ(スクープ写真)
  • レクサス NX 次期型予想CG
  • ベントレー ベンテイガ LWB プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Response.TV