日産 西川共同CEO、「歓迎される動き」…トヨタのEV強化報道

自動車 ビジネス 企業動向
トヨタ・プリウスPHV
トヨタ・プリウスPHV 全 3 枚 拡大写真
日産自動車の西川廣人共同CEOは11月7日の決算発表会見で、トヨタ自動車の電気自動車(EV)事業の強化に関する一部報道に関連し、「想定された動きであり、歓迎される動き」とコメントした。

西川氏は、今後の環境対応技術について「2020年から2025年にかけて大きな電動化の時期となるので、EVのポートフォリオは広がっていく」と、世界の自動車産業でEVの存在が大きくなっていくとの見解を示した。

そのうえで、自動車業界では「どれだけ競争力のあるEVを投入できるかが、25年までの競争のポイントになる」と指摘した。また、「電動化は長いスパンでの進化となる。われわれも長いスパンで投資と商品の電動化を進めていきたい」と語った。

《池原照雄》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産リーフe+(欧州仕様)
  • 日産 セレナ アドベンチャー ログ キャビン
  • 日産 スカイライン C10、C110 カタログ
  • 日産 スカイライン GT Type SP(ハイブリッド)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/11/07/284990.html/article/2016/11/07/284989.html/article/2016/11/07/284991.html