テスラの急速充電「スーパーチャージャー」、課金プログラム導入へ

エコカー EV
テスラモーターズ イーロン・マスクCEOとテスラスーパーチャージャー
テスラモーターズ イーロン・マスクCEOとテスラスーパーチャージャー 全 1 枚 拡大写真
米国のEVメーカー、テスラモーターズは11月7日、独自の急速充電ネットワークの「スーパーチャージャー」に2017年1月から、課金プログラムを導入すると発表した。

2012年、テスラは長距離ドライブをより便利にするため、世界最速の充電ネットワーク、スーパーチャージャーの展開を開始。現在、米国、欧州、日本、中国を含む世界各地に4600基を超えるスーパーチャージャーを設置し、16万人以上の顧客が利用している。

スーパーチャージャーは本来、長距離ドライブを可能にするのが目的。外出時にも便利でシームレスに無料で充電ができるよう、設計されている。すべてのオーナーにスーパーチャージング エクスペリエンスを提供するため、2017年1月1日より、従来の無料提供に加えて、課金プログラムを開始。テスラがネットワークに再投資できるようになることで、その成長を促進していく。

今後もすべての車両に、スーパーチャージャーを利用するために必要なハードウェアは、標準装備。新しいプログラムとして、2017年1月1日以降に注文されたテスラ車には、毎年400 kWh (約1600 km) 分のスーパーチャージャー利用クレジットが標準で含まれる。それ以上、利用する場合に、少額の費用が課金されるようになる。料金は、時期や地域の電気料金によって異なるが、同クラスのガソリン車の給油費用よりも安く設定される予定。詳細は年内に発表される。

なお、すでにテスラ車を所有している顧客や、すでに注文した顧客、2016年末までの注文分には、このプログラムは適用されない。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)
  • テスラ モデルS P1000 高性能モデル(スクープ写真)
  • テスラのEV
  • テスラ モデル3 ロングレンジデュアルモーター(日本未投入グレード)
  • ランボルギーニ ウラカンEVO ペルフォルマンテ開発車両(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/11/08/285025.html/article/2016/11/08/285024.html/article/2016/11/08/285026.html