EVテスラの「ソフトウエア8.0」、自動運転機能も進化

自動車 テクノロジー ITS
テスラ・モデルS
テスラ・モデルS 全 1 枚 拡大写真
米国のEVメーカー、テスラモーターズが11月1日に配信した更新プログラム、「ソフトウエア8.0」。自動運転機能もアップデートされている。

自動運転機能の大きな改善点としては、ドライバーに手をハンドルに置くよう促すなど、オートパイロット機能の起動中でも、ドライバーが運転に集中するようにした点が挙げられる。

ドライバーが注意を無視してハンドルから手を離すと、オートステアリングは無効に。停車するまで使用できなくなる。オートステアリングを再び使用するには、車のシフトを一度パーキングに入れる必要がある。

また、オートパイロットの導入当初から、オートステアリングは、隣の車線内に他の車両を検出すると、自分のいる車線内で自分の位置を調整。今回のソフトウエア8.0では、オートステアリングはカメラからの情報を使用して、もっと早い段階で位置調整を開始するように進化した。テスラによると、停止と発進が多い交通状況では、自動運転機能の反応がより良くスムーズになったという。

さらに、インパネに表示されている周囲の車両の進行方向が、よりわかりやすくなるよう、表示される車に角度が付けられた。 目の前にいる車をインパネに表示するほか、オートパイロットはレーダーを使用して、その車両のさらに前にいる車も、検知できるようになっている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • テスラ・サイバートラック。荷台に専用の電動四輪バギー
  • テスラ サイバートラック ドバイ警察車両
  • テスラ・サイバートラック
  • テスラ・サイバートラック
  • VW キャディ 次期型(スクープ写真)
  • メルセデスベンツ EQA プロトタイプ(スクープ写真)
  • BMW M4クーペ 新型プロトタイプ(スクープ写真)
  • ポルシェ 911タルガ 新型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/11/09/285139.html/article/2016/11/09/285137.html/article/2016/11/09/285140.html