マツダ トリビュート、米国でリコール…燃料漏れのおそれ

自動車 テクノロジー 安全
マツダ トリビュート(2代目)
マツダ トリビュート(2代目) 全 3 枚 拡大写真
マツダがかつて、販売していたSUV、『トリビュート』。同車が米国市場において、リコール(回収・無償修理)を行う。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。マツダの米国法人、北米マツダからトリビュートに関するリコールの届け出を受けたと公表している。

今回のリコールは、燃料系統の不具合が原因。北米マツダによると、3.0リットルV型6気筒ガソリンエンジンの燃料供給モジュールがひび割れ、燃料が漏れるおそれがあるという。

リコールされるのは、2010‐2011年モデルのトリビュート。米国で販売された912台がリコールに該当する。

北米マツダは、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、燃料供給モジュールなどを、対策品と交換するリコール作業を実施する。

《森脇稔》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • マツダ トリビュート(2代目)
  • マツダ・トリビュート
  • マツダ・トリビュート
  • マツダ・トリビュート
  • ヴェノム F5
  • フェラーリ 新型ハイブリッドのプロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ スープラ 新型
  • BMW iNEXT/i5 スクープ写真

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/11/15/285407.html/article/2016/11/14/285406.html/article/2016/11/15/285408.html