絶版スポーツカー売れ筋ランキング、トップは RX-7 2016年度上半期

自動車 ビジネス 国内マーケット
絶版スポーツカー(イメージ)
絶版スポーツカー(イメージ) 全 2 枚 拡大写真
IDOMが運営するスポーツカー専門店「GT-ガレージ@ガリバー」は11月24日、2016年度上半期(3~8月)スポーツカーランキングを発表した。

それによると、トップはマツダ『RX-7(FD3S)』、2位はトヨタ『スープラ(JZA80)』、3位は日産『スカイラインGT-R(BNR34)』。以下、ホンダ『S2000(AP1)』、日産『スカイラインGTターボ(ER34)』が続いた。上位5位にランクインした車両はいずれも絶版モデルで流通量が減少。車両価値は前年から約20%上がっているが、根強い人気を誇っている。

購入する年代層は、10代~20代と40代~50代が中心。10代~20代の若い世代は、比較的手頃な価格の車両を選び、40代以上は、当時、憧れだったハイスペックの車両などを選ぶ傾向にある。また、スポーツカーを所有する男女の割合は、9割以上が男性となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 自動車査定アプリ「Gulliver AUTO」発表
  • ガリバーオートと事故車売却シミュレーターとのシステム連携
  • IDOM 代表取締役社長 羽鳥由宇介氏
  • 個人間カーシェアサービス「GO2GO」がドライバーの本登録を開始
  • BMW 2シリーズアクティブツアラー 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • トヨタ ハリアー 新型 予想CG
  • BMW M8クーペ CS テスト車両(スクープ写真)
  • EV最速をねらうテスラ モデルS の試作車(スクープ写真)

ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/11/25/285915.html/article/2016/11/25/285914.html/article/2016/11/25/285916.html