【リコール】スバル レガシイ など4車種11万台、エンジン停止のおそれ

自動車 テクノロジー 安全
スバル レガシイ(2010年)
スバル レガシイ(2010年) 全 2 枚 拡大写真
富士重工業は11月25日、スバル『レガシイ』などのウォーターポンプに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『レガシイ』『エクシーガ』『フォレスター』『インプレッサ』の4車種で、2008年2月2日~2011年1月14日に製造された11万8389台。

エンジンのウォーターポンプにおいて、ベアリング部の組付隙間が小さいため、ベアリングが破損し、ウォーターポンプが機能しなくなる場合がある。そのため、タイミングベルトが損傷し、そのまま使用を続けると、エンジンが停止して再始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ウォーターポンプを対策品に交換する。

不具合は93件発生、事故は起きていない。国土交通省からの指摘および市場からの情報により発見した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 日産セレナ(C26)
  • アウディ TT クーペ (2018年)
  • 改善箇所
  • スズキ ワゴンR(2014年)
  • アウディ Q4 e-tron 市販型(スクープ写真)
  • BMW 2シリーズ クーペ 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
  • 「ダックテール」を備えたポルシェ 911 開発車両(スクープ写真)
  • Hofele Design Ultmate HGLE

ピックアップ