タクシー運転手が疾病原因で意識失って死亡、客が走行中に脱出

自動車 社会 社会
11月27日午前4時40分ごろ、千葉県浦安市内の市道でタクシーが暴走し、小学校外壁にある門扉に衝突する事故が起きた。運転していた65歳の男性が死亡。客として同乗していた男性は「運転手が運転中に意識を失った」などと話しているという。

千葉県警・浦安署によると、現場は浦安市富岡付近で片側1車線の直線区間。タクシーは約300mに渡って蛇行するように暴走。左右の縁石などに接触しながら走行を続け、最終的には道路右側にある小学校外壁の門扉に衝突した状態で停止した。

タクシーを運転していた65歳の男性は意識不明の状態で近くの病院へ収容されたが、まもなく死亡。客として同乗していた32歳の男性も打撲などの軽傷を負っている。

客の男性は東京メトロ東西線の浦安駅からタクシーに乗車。乗車直後から運転手の様子がおかしく、5分ほどで蛇行を開始。運転手が意識を失っていることに気づき、後部座席からハンドルを操作して止めようとしていたという。しかし、クルマは止まらず、減速した時点で窓から車外に脱出。この際に負傷している。

警察では運転していた男性が疾病原因で意識を失ったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。

《石田真一》

編集部ピックアップ

Swipe

Next
/article/2016/12/02/286317.html/article/2016/12/02/286316.html/article/2016/12/02/286318.html