【新聞ウォッチ】トヨタグループの2017年世界販売計画、4年連続の1000万台超へ

モータースポーツ/エンタメ 出版物
トヨタC-HR(北米仕様車)
トヨタC-HR(北米仕様車) 全 3 枚 拡大写真
気になるニュース・気になる内幕---今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。


2016年12月14日付

●4島交渉「別の問題」プーチン大統領本紙と会見、あすから首脳会談(読売・1面)

●ロングセラーの理由、アルト(スズキ)お手頃価格生活の足(読売・16面)

●ホームドア設置進まず、10万人以上利用駅本紙調査(毎日・1面)

●米オスプレイ不時着、配備後初,名護市沖合、2人負傷(毎日・1面)

●「つながる車」開発加速、トヨタは今冬、日産は来年導入、ネット通じ多様なサービス(毎日・7面)

●高齢運転者保険料上げ、来春、東京海上日動、70歳以上、事故多発で(毎日・27面)

●五輪ナンバープレートの図柄募集(産経・26面)

●横浜市交通局、合格絵馬切符に誤字(東京・27面)

●車部品関税、8割即時撤廃、日欧、EPAで調整TPP並みに(日経・1面)

●トヨタ、4年連続1000万台、来年の世界販売、減税終了の中国カギ(日経・11面)

●スズキ、ミャンマー新工場、月内着工(日経・15面)

●三菱ふそう会長に松永氏、元経産次官(日経・15面)


ひとくちコメント

米大統領選はまさかのドランプ氏が勝利するなど激変の2016年もあと17日で大晦日を迎えるが、年の瀬のこの時期は1年の総括とともに新しい年を展望する話題も目に止まる。そんな中、きょうの日経が、トヨタ自動車グループの2017年の世界販売台数見通しを予測している。

それによると、グループ傘下のダイハツ工業と日野自動車を含めた全体の販売台数は1000万台を上回る高水準を維持し、16年計画の1011万台を超える見通しだという。トヨタの世界販売が1000万台を超えるのは2014年以降4年連続となる見込み。

トヨタ本体は2017年の販売ついて、今夏には部品メーカーに約940万台を内示していたが、それを上積みする方針で調整しているという。手薄だった小型SUVの世界戦略車『C-HR』を欧州などに投入するほか、米国の最量販車である中型セダン『カムリ』も6年ぶりに全面改良し、「販売の積み増しを目指す」(日経)そうだ。

ただ、懸念材料もある。日経によると「米国は政権交代の影響が読み切れないほか、世界最大市場の中国で減税打ち切りといった不透明要因もある」と伝えている。

《福田俊之》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • パナソニックの津賀社長
  • 向かって右が電通本社、中央左寄りが資生堂本社汐留オフィス。
  • 日産 ルークス 新型発表
  • ホンダジェット
  • 写真はレクサス LM300h
  • フォード マスタング ブリット 後継モデルのプロトタイプ(スクープ写真)
  • ダイハツ ムーヴ 次期型 予想CG
  • メルセデス AMG GT73 市販型プロトタイプ(スクープ写真)

ピックアップ