JR東日本、黄赤の「新潟色」電車を復活 2017年1月デビュー

鉄道 エンタメ・イベント
かつての「新潟色」をまとった115系のイメージ。黄色と赤の2色で車体を塗る。
かつての「新潟色」をまとった115系のイメージ。黄色と赤の2色で車体を塗る。 全 3 枚 拡大写真
JR東日本新潟支社は12月14日、国鉄時代に新潟地区で運行されていた電車と、同じ塗装の車両を走らせると発表した。いわゆる「新潟色」と呼ばれるもので、2017年1月に行われるツアーを皮切りに運行を開始する。

「新潟色」は1978年まで、新潟地区の普通列車用の電車で採用されていた塗装。「雪の多い地域でも目立つよう」(新潟支社)、赤と黄色の2色を使用した。緑とオレンジの2色で塗られた115系電車が新潟地区に導入されたことにより消滅。後に新潟地区の115系も新潟地区独自の色に塗り替えられたが、赤と黄色の2色塗装は採用されなかった。

新潟支社によると、115系の3両編成1本に赤と黄色の「新潟色」を施す。まず2017年1月21・22日の計2日間、旅行商品専用の臨時列車『懐かしの新潟色越後ぐるっと周遊号』として運行。その後、一般の定期列車での運用を開始する。

『懐かしの新潟色越後ぐるっと周遊号』の運行区間と時刻は、新潟9時32分発~弥彦10時53分着・12時25分発~新潟15時00分着。新潟駅から越後線・弥彦線・信越本線・羽越本線・白新線を経由して新潟駅に戻る。途中駅での乗車はできない。旅行代金は大人4600円・子供3600円。

《草町義和》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV