【デトロイトモーターショー17】アイシングループ、FR10速など最新ATを初出展

自動車 ビジネス 海外マーケット
アイシングループ ブースイメージ
アイシングループ ブースイメージ 全 1 枚 拡大写真
アイシングループ6社(アイシン精機、アイシン高丘、アイシン化工、アイシン・エィ・ダブリュ、アイシン・エーアイ、アドヴィックス)は、2017年1月14日から22日まで、米国で開催される「デトロイトモーターショー」に共同出展する。

今回は、新開発の「FR10速オートマチックトランスミッション」「マルチステージTHS II用トランスミッション」「FF8速オートマチックトランスミッション」を初出展。グループの主力となっているトランスミッションの最新製品を紹介する。

また、自動運転に関しては、「アクティブリアステアリング」「高機能ESCモジュレーター」など車両運動統合制御を行う製品や、「ドライバーモニターシステム」「周辺監視システム」などのセンシング技術を追求した製品を展示。これらを連携してドライバーの異常時に車を自動で路肩に退避させる「ドライバー異常時対応システム」を、シミュレーターを使って紹介する。

その他、軽量化や形状最適化によって快適性・利便性を向上させる車体関連製品や燃費向上に貢献する「熱マネジメント」の方向性をシステム展示と映像で訴求する。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ